とくまさハルジオンの大喜利ブログ〜つづれ織り〜

寄席についてのまとめ


大喜利は演芸の形式であり、寄席(よせ)の余興として考案されたものです。

この記事では、大喜利の前にこの「寄席」について、ざっと理解を得るためにまとめてみたいと思います。

yose

 

【寄席とは】

寄席(よせ)とは、日本の都市において講談落語浪曲萬歳(から漫才)・過去に於いての義太夫(特に女義太夫)、などの技芸(演芸)を観客に見せるため席亭(興行主)が経営する常設の興行小屋である。(ウィキペディアより抜粋)

 

(以下、詳しく説明されているウィキペディアの文章をかみ砕いていきます。)

 

【概要】

講談が一番古い歴史を持つ。

明治末から大正にかけての活動写真館(のちの映画館)の爆発的な増加、ラジオの登場、興行系娯楽のライバルである小劇場や寄席の数が激減していく中で、東京では落語を主にかける寄席(色物席)のみが比較的多く残った。

現在は意味範囲が若干変遷し、落語(講談・浪曲)以外の演目は色物と呼び、区別する。

 

 

【おなじみの色物演目】

・音曲

・物まね(声色遣い)

・太神楽

・曲独楽

・手品

・紙切り

・漫談

・腹話術

 

 

【地域寄席とは】

地域寄席とは、商店の広間や、自治体の市民会館などでも落語などの口演が行われる寄席のこと。

経営や後継問題により数は減ったが、伝統的芸能を支える空間としての役割を果たしながら、「悪場所」「悪所」と呼ばれてきた都市文化の華としての地位を江戸時代初期から守っている。

 

 

【名称について】

日本の法律で定められた興行系娯楽は、「劇場」、「寄席」、「映画館」が種別であり、「演芸場」は総称である。

 

 

 

【歴史】

~江戸時代~

寄席の起源は、一般的には江戸初期に神社や寺院の境内の一部を借りて、現在の講談に近い話を聞かせる催し物が開かれていたもの(講釈場)である。

これが原型となって、初めて専門的な寄席が開かれたのは、寛政10年(1798年)に江戸下谷にある下谷神社の境内で初代・三笑亭可楽によって開かれたものとされる。当初は「寄せ場(よせば)」と呼ばれ、後に寄席と呼ばれるようになった。

 

~明治~

明治に入ると、芝居小屋(劇場)との区分の明確化・芸人鑑札制による状況把握・徴税が、維新後まもなくの1871年(明治4年)より続々と始まった。

 

~明治から大正にかけて~

寄席で源氏節、八木節、安来節の全国的流行、関西においても河内音頭などが寄席の舞台に登場した。

 

 

 

【上方の寄席】吉本による独占・チェーン化)

戦前に関西地方にあった落語の主な寄席は以下である。

 

・桂派の定席の寄席 金沢亭(大阪・ミナミ法善寺)

・幾代亭(大阪・船場淡路町)

・林家亭(大阪・岸和田大工町)

・瓢亭(大阪・西区新町)

 

・三友派の定席の寄席 紅梅亭(大阪・ミナミ法善寺)

・此花館(大阪・平野区)

・永楽館(大阪・北新地)

・賑江亭(大阪・堀江)

 

・花月派(吉本興行部) 第2文芸館(大阪・北区天神橋)

・芦辺館(大阪・松島)

・龍虎館(大阪・福島)

・松井座(大阪・梅田)

・都座(大阪・天神橋筋)

 

……関西にはこんなに寄席があったのですね!!

 

 

【現代の主な寄席】

以下4席は、通常落語定席として狭義の「寄席」と呼ばれる。

・ 鈴本演芸場(東京・上野)

・浅草演芸ホール(東京・浅草)

・新宿末廣亭(東京・新宿)

・池袋演芸場(東京・池袋)

 

以下4席は不動産会社・永谷商事が運営する貸席である。

・お江戸上野広小路亭(東京・上野)

・お江戸日本橋亭(東京・日本橋)

・お江戸両国亭(東京・両国)

・新宿永谷ホール(新宿Fu-)(東京・新宿歌舞伎町)

 

国が文化の振興のために設立したもの

・国立演芸場(東京・千代田区隼町)

 

 

【上方落語の定席】

・天満天神繁昌亭(大阪)※2006年9月15日開場。大阪では半世紀ぶりの寄席。

・動楽亭(大阪)※2代目桂ざこばが開設

 

 

 

以上、ウィキペディアの内容をかみ砕いた「まとめのまとめ」のような説明でした。

要点をかなり大分絞っておりますので、ざっと寄席について理解するにはちょうど良いボリュームかなと思います。

 

話は変わりますが、とくまさハルジオンは「『昭和元禄落語心中』/雲田はるこ(講談社)」というマンガを大変気に入っております(アニメ化もしています!)。

 

このマンガについても是非おススメしたく、後日記事にしたいと考えておりますが、

これに関してインターネットで面白い記事を見つけました。

 

「落語家・立川志ら乃師匠に聞く!「落語マンガ」って、ぶっちゃけどうですか? 国立演芸場花形演芸大賞銀賞 受賞記念!」(このマンガがすごい!WEB)

http://konomanga.jp/special/29398-2

 

プロの落語家さんから見た『落語マンガ』てどうなの?という内容で、非常に面白かったので、皆さんも是非読んでみて下さい。

 

余談ですが、落語家を「師匠」と呼ぶのは「真打ち」になってから。ただし、上方(関西)の落語界には真打ち制度がないそうです。

 

 

 

 

それでは今回はこのへんで!おあとがよろしいようで。

注意※「おあとがよろしいようで」の本来の意味は、「次の演者の準備が整ったようなので(私は終わります)」という意味。

落語を題材にしたパロディでは、よく落語家が演目の最後にこの台詞を言って頭を下げて高座を下りるが、実際の寄席や落語会ではあまり聞く機会がない。しかし、世間的には「落語家がよく言う」と思われている代名詞的なフレーズです。

 

 

嗚呼、ゆっくり休暇を取って寄席に行きたいなあ・・・

 

 

とくまさハルジオン

↓ この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…

~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~

ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村