日本の城巡りブログ〜ぶらりBURARI〜

【イベント紀行】あづち信長まつり

Pocket

 

訪問日:2016年6月5日

 

いつもはお城の訪問記事を書いていますが、今回は少し趣向を変えて、お城絡み・歴史絡みのイベントの記録を公開します(^_^)

 

滋賀県近江八幡市の安土の地にて、毎年、6月の第一日曜日に「あづち信長まつり」が開催されます!

なぜこの時期かと言うと、織田信長明智光秀の謀反によって倒れた日が6月2日なので、その命日に近い日に合わせてのことだそうです(新暦・旧暦の問題は、この際無視しよう!)。

住んでいる街から開催地の近江八幡市まで、かなり距離があるので、前日の6月4日に滋賀県草津市の祖父の家まで行き、泊ることに決めました。

 

 

JR京都線と琵琶湖線を使って、一路草津へ。JR草津駅には16時過ぎに到着しましたが、祖父の家に向かうには、まだ日が明るくて早すぎます。

せっかくですし、少し足を伸ばして、かつて宿場町として栄えた草津宿の周辺を見学してみましょう!

 

JR草津駅の東口を出て、南に向かって10分ほど歩けば、歴史を感じる町並みが見えてきます。

江戸時代の草津は、京都と江戸とを結ぶ二つのルート・東海道中山道が合流する、まさに交通の要衝でした。大勢の旅人や参勤交代の大名行列も行き来して、大いににぎわったことでしょう。この大きな石灯籠が、繁栄の日々を物語っているようです。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a1

 

ここが、草津本陣(くさつほんじん)「本陣」とは固有名詞でなく、江戸時代に大名や貴族などの高い身分の人達が利用した宿所のことを指します現在、日本中を探しても本陣の残存例は少ないため、とても貴重です

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a2

 

入館は16時半までだったので、残念ながらこの日は入れず…。

後日、リベンジしましたよ(^_^)

この草津本陣には、幕末には新撰組の隊士御一行も宿泊しています。土方歳三斎藤一の名が記載された宿帳も展示されていたので、新撰組ファンの方はぜひ訪問してみてください

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a3

 

宿場町の面影が、色濃く残る町並み。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a4

 

おおぉ…風情がありますね(^_^)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a5

 

旧街道を南西方向にまっすぐ進んでいくと、滋賀県道141号線に出ます。

その向かいにあるのは、草津の人達になじみ深い立木神社(たちきじんじゃ)です。

ここにも、ちょっと寄っていきましょう。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a6

 

立木神社の創建は、神護景雲元(767)年と伝えられています。奈良時代ってことだから、めちゃくちゃ古いですね。

延暦20(801)年に、時の征夷大将軍・坂上田村麻呂(さかのうえの たむらまろ)が、東北地方遠征の道中安全をこの神社で祈願したことから、今日では、交通安全にご利益のある神社として知られています。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a7

 

おキツネ様。コンコン。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a8

 

…そろそろ暗くなってきたし、祖父の家に向かいましょう。

途中で道に迷い、大変な目にあいました(^_^;)

 

 

さて、日が変わって6月5日。

9時過ぎに祖父の家を出て、安土に出発!JR草津駅からJR安土駅とのあいだは、割と近いのですよ。

10時過ぎには、安土に到着。空模様は曇り気味だけど、大丈夫かな…?

 

 

JR安土駅を降りてすぐに、この看板。手づくり感がステキです。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a9

 

JR安土駅前の守護者・信長さま。

お久しぶりです。安土城訪問以来ですね(^_^)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a10

 

さぁ、シャトルバスに乗って、いざ開催地へ!

例年は、安土城跡のふもとで開催しているそうですが、今年は、安土城跡から少し南に行ったところにある「文芸の郷」での開催です。ここの一帯は、博物館や公会堂が建ち並ぶエリアですが、広場やグラウンドもあるので、イベントにはもってこいの場所なのでしょう(^_^)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a11

 

模擬店もたくさん出ています。

信長時代楽市楽座の城下町を彷彿とさせる賑わいですね(^_^)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a12

 

わぉ、鎧兜に身を包んだ武将が、歩いておられる!

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a13

 

ここにもいらっしゃった!カッコいいなぁ。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a14

 

ドコドコドコ!

大地を揺るがすような、けたたましい響き。戦が始まるのでしょうか?

あづち信長出陣太鼓です。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a15

 

こちらの文芸セミナリヨという建物の前で、セレモニー(トークショー?)をやっているよ。地元のゆるキャラ・らんまる君に加えて、岐阜城から出陣してきた「岐阜武将隊」の皆様もいらっしゃいます。武将隊の人達は、ブログ等への顔出しも大丈夫そうですが、念のため、お顔は全部かくしておこう(^_^;)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a16

 

さぁ、いよいよメインのイベント・武者行列の始まりです!

はじめは、ブラスバンド隊!(※武者行列の出演者は、武将も含めて、全て地元の方々です。肖像権保護のため、画像を加工して顔を隠しています。)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a17

 

鉄砲足軽隊。元気いっぱいです。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a18

 

イエズス会宣教師ルイス・フロイスオルガンティーノ。信長に謁見した人物ですね。

どう見ても日本人なのは、ご愛敬(^_^)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a19

 

信長公の妹御・お市の方。たいへん見目麗しい!

政略結婚により浅井長政のもとに嫁ぎ、茶々(ちゃちゃ)初(はつ)江(ごう)の三姉妹を生みました。時代の流れに翻弄され続けた生涯でした。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a20

 

いよいよ、真打ち登場!

威風堂々、白馬にまたがる信長公です!

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a21

 

黒田官兵衛福島正則羽柴秀吉の家来の武将達が出てきましたね。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a22

 

羽柴秀吉、推参!

のちに、織田家に代わって天下統一を成し遂げた太閤秀吉ですが、この行列の時点ではまだ信長の家臣です。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a23

 

最後の方に現れたのは、このお方。信長と秀吉のあとを受け、天下統一を成し遂げた人物。徳川家康ですね。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a24

 

さて、行列を見終わったところで、再び模擬店エリアへ。

兜をかぶり、陣羽織を羽織って、記念写真をパシャリ!両サイドはスタッフさん達です。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a25

 

おや、こんなところに、シール貼付け式のアンケートが。

やっぱり、信長人気は圧倒的ですね。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a26

 

ここは、文芸の郷の中にある、安土城天主 信長の館。中では、実寸大で推定復元した、安土城の上層階を見学することができます。ミニシアターなんかも上映していて、楽しめますよ(^_^)

なお、内部の写真撮影は可能ですが、ブログやSNSへの投稿は不可とのこと。これはぜひ、現地で実物をご覧あれ!

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a27

 

さて、ここ文芸の郷の周辺では、時代の流れの中で取り壊しの危機にあった建築物を、移築・保管しています。愛知県犬山市にある博物館明治村と似ていますね(^_^)

どれ、ちょっと見てみよう。

まずは、旧安土巡査駐在所。明治18(1885)年に建てられた交番です。白壁のオシャレな洋風建築です。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a28

 

鬼瓦にあたる部分に、警察章が見えますね。現在のマークとは、意匠が少し異なるみたい。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a29

 

こちらは、旧柳原学校(りゅうげんがっこう)の校舎。明治9(1876)年に建築された、小学校の校舎ですね。洋風の意匠を取り入れつつ、ベースは昔ながらの日本建築…という感じがしました。とてつもない独特感でしたねぇ。

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a30

 

さて…かなり早いですが、夕方に用事があるため、13時過ぎには出発し、大坂に戻らなければ。

シャトルバスでJR安土駅まで。さらばでござる、信長様!

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a31

 

これまでに何度も、歴史講座や史跡散策フィールドワークには参加してきましたが、今回のような、武者行列が練り歩いたりする「歴史の息吹を体感して、楽しむイベント」に足を運んだのは、実は今回が初めてです。とても良かったです!

地元の人達の熱い「信長愛」があってこそ、30回以上もの長きに渡って続いているのでしょう。外部から来て楽しませていただいてる一人として、関係者の皆様への感謝と敬意、心にとめておきます(^_^)

 

ただ、夕方に用事があったため、早めに帰らざるを得なかったことが、残念です(^_^;) 特に、15時半からグラウンドで実施の鉄砲隊演武(火縄銃の射撃の実演!)は、ぜひ見ておきたかった!また来年かな?

 

おみやげは、石田三成仕様のメモ帳と、信長の館のポストカード2枚。

もう少し買っておけばよかった(^_^;)

%e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%a1%e4%bf%a1%e9%95%b7%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a32

 

↓ この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…
~ぶらりBURARI,ぽちぽちPOCHIPOCHI~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村