日本の城巡りブログ〜ぶらりBURARI〜

岐阜城 遠征(前半)

Pocket

登城日:2015年8月26日

 

JR岐阜駅に到着したのは25日の夕方。雨は相変わらず降りまくっています。

岐阜城見学は明日からですが、ホテルのチェックインまで時間があるので駅周辺をブラブラ見学。岐阜駅周辺は、再開発事業によって美しく整備されています。この手の事業の中では、明らかに成功した部類に入るのではないかしら。

広々とした駅前広場。駅舎のデザインもハイセンス。

岐阜城1

 

広場には、織田信長の金色の像が!デラックスだな、おい!

岐阜城2

市内巡回バスのラッピングも信長様仕様。岐阜城3

 

地元から愛されてるなぁ、信長様。…って、安土城に行った時にも、同じ感想を漏らしたような気が(^_^;)

翌26日の朝。JR岐阜駅のバスターミナルから、市内循環バスに乗り、岐阜公園に向けて出発です。雨はほぼ止んだけれど、曇り空?

10時頃に、岐阜公園に到着!霧がかかっているな。

岐阜城4

 

かすかに見える、山頂の天守。岐阜城5

 

 

岐阜公園は、岐阜城のあった金華山(きんかざん)とその山麓一帯を公園として整備したところ。かつて、斎藤道三や織田信長が覇権を夢みた地ですが、今では市民の憩いの空間となっています。

さぁ、まずは岐阜市歴史博物館を見学です。

岐阜城6

 

戦国時代の岐阜の街を1/1スケールで再現したエリア。街の人(の人形)に近づくと、喋りだしたりするよ。

岐阜城7

 

昔の服装体験コーナーもありました。町娘や武士、キリシタン宣教師などのコスプレが可能です。うつけ者と呼ばれていた頃の信長様に大変身!↓

岐阜城8

 

ドラマ仕立ての映像や精巧なミニチュア模型を駆使した、わかりやすく丁寧な展示に感心しました。館内ボランティアの人たちも親切だったよ(^^) 歴史好きには、必見の施設です!

 

博物館を出た頃には、かなり晴れてきていました。

次の目的地は、山麓の信長屋敷跡を訪ねます。写真は、昔年の姿をイメージした冠木門(かぶきもん)。

岐阜城9

 

 

巨石を駆使した通路。信長は、城郭建築に本格的に石垣を導入した第一人者です

岐阜城10

 

昔はもっと、高く積まれていたんだろうな。岐阜城11

 

居館の中心部分は発掘作業が継続中です。訪問したときは、台風直後のためか作業はお休みだったけど。

岐阜城12

 

 

山麓の信長居館の発掘調査は昭和59(1984)年から開始。発掘成果から、いろいろなことが分かってきました。近年は、金箔押しの屋根瓦なんかも出土しています。また、発掘調査の成果と、当時の文献との照合も必要です。岐阜城を訪れたイエズス会宣教師・フロイスの記録は、特に重要ですね。文章を読んでいると、「いくらなんでも大袈裟すぎるだろ」みたいな表現もあったりするわけですが…(^^;)

信長の岐阜城については、岩波新書の『信長の城』(千田嘉博著)に詳しいです。この本、安土城の記事でも紹介しましたが、ホントおすすめ

 

また、今年(2015年)9月16日放送のNHK『歴史秘話ヒストリア』「信長の楽園へようこそ ~3つの城のサプライズ」でも、岐阜城が紹介されていました。目立ちたがりでアピール上手の信長の性格が伝わってきて、面白かった!再放送しないかな…。

 

いよいよ、ロープウェイで山頂に登ります!長くなりそうなので、ひとまずここまで。(後編に続く

 

↓ この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…
~ぶらりBURARI,ぽちぽちPOCHIPOCHI~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村